子供部屋の収納・おもちゃ収納編


子供部屋、本の収納に続き、かさばるおもちゃなどの収納実例、お役立ち商品をご紹介。

収納セットを買う

kids_storage
「おもちゃ箱は出来合いのものでいい」、なんて方は、おもちゃの収納システムは今は豊富な種類があるので、見た目や価格で選んで購入すればいいかもしれません。
そんな方は今日のポストは残りを読む必要ないかも^^

でも、こういうおもちゃ収納システムは、デザインももっぱらおもちゃ専用。おもちゃ自体は寄付やフリマなんて手もあるけど、じゃぁそのおもちゃ箱は??
“捨てるためにモノを買う”事にちょっとした疑問がある、私のような考えの方、もっともっと増えていく時代なのではないかと思います。

 

おもちゃを収納しなくなった時、他の用途に使用できそうなもので作れる即席・DIYおもちゃ箱をご紹介します。
ママ・パパの自作おもちゃ箱なら、エコなだけでなく、お部屋のスペースや持っているおもちゃの量に合わせられるし、アイデア次第で見た目も楽しく、お片付けはもっと楽しくまりますよ!


こんなバケツの収納システム、日本ではあまり見かけませんが、これは見た目もスタイリッシュ!
それをDIYで作っている方もいました。ブリキのバケツは見た目も素敵。外遊び用のおもちゃの収納にもちょうどよさそうです。
kids_storage02
バケツの良さと言えば、

とりあえず放り込む

事ができる事が魅力。子供自身でさせるように仕向けるには、「片付けのしやすさ」も重要です。
プラスチックのバケツに穴をあけ、ジップタイで固定すればこんな面白い収納ができちゃいます!
ななめ具合が絶妙でちょっとアート作品のように見えちゃいます。使い勝手もよさそう!
kids_storage03

ワイヤーのかごを、網目の大きさにバリエーションを付けて数種類揃えれば、色んな大きさのおもちゃに対応できて、見た目もすっきりします。
kids_storage15
それから、収納にキャスターがついていたら、掃除の時思った以上に楽ですよ!
kids_storage10
kids_storage11
kids_storage12
昔のドリンクケースとかをゲットできれば、キャスターを付けて自作で。ヴィンテージな見た目もすごく素敵!
これを製品化しているのが、journal standard Furnitureです。古材を利用した商品は、エコ志向な方にも、ヴィンテージテイストが好きな人にもおススメ!
インダストリアルなお家にお住まいの家庭には、他に選択肢がないくらいピッタリ(>u・)

背の低いものなら、キャスターを付けてベッド下に収納できます。
ホコリのたまりやすいベッド下だからこそ、掃除のしやすいキャスターは重宝するかも!

kids_storage13
他にも

ベッド下に収納

する方法として、ここでもまたバケツが活躍していますね。

スペースの限られたお家では、

壁と天井のスペースを有効活用

するのも手。こんな離れ業、どうですか?????
kids_storage04
天井に収納なんて考えたことありますか?上の写真はどうやって作るのかは記載がなかったのでご紹介できませんが、例えば紐をたどって上下できる装置を作ってしまったら、床にモノが散らかることがありません。しかも昇降式なら子供も楽しんでお片付けしてくれそう!
作り方が分かったらまた掲載しようと思います。

kids_storage09
天井収納は作るのが大変そうだし、万が一落ちてきたら怖い、とお考えの方は、こんなのはどうでしょう?


天井の隅からお気に入りのお人形がハロー!可愛いですね!
もうあまり遊ばなくなったけど、捨てたくないお人形なんかにはぴったり。

壁面を利用して、本の収納でもご紹介したワイヤーラックでおもちゃを収納したり
kids_storage14

中をカラフルに塗った箱を、あえて壁に打ち付けて収納するのも楽しい!
ただ、箱に入る量に限りがあるし、地震の多い日本ではちょっと不安。前面半分くらいの高さまでを、ゴム素材の紐を編んだりして覆えば、収納力もアップしそう。
kids_storage06
また、階段のようになったラックに大きさの異なる箱を置いていけば、あらゆる大きさのおもちゃをスッキリ収納できて、お洒落!棚ほどの存在感がないので、お部屋を広く見せてくれるのもポイントです。
kids_storage08

箱を積み上げる収納は見た目も可愛い

同じくらいの大きさの箱を組み合わせて、好きなように積み上げていく収納。高さなどを変えられて、あらゆる大きさのお部屋にマッチする収納方法なので、おススメです。
kids_storage07
組み合わせが自由に変えられるボックスというコンセプトは商品化もされています。
muuto001

MUUTOというブランド

ミッドセンチュリーに多くの有名デザイナーを輩出した北欧ですが、「北欧で活躍する旬のデザイナーと手を組むことで北欧デザインの黄金時代を取り戻し、北欧を再び世界のデザイン王国に築き上げたいというビジョンを抱いたデザインカンパニー」が、「ムート」。

Stackedと称されたこの収納システムは、コペンハーゲンの建築家Julien de Smedtのデザイン。
デザイン性の高さとともに、多様化する現代の人々の生活にマッチする機能美が特徴的。
もちろん子供部屋にも。年齢とともに変わる、その時々の収納したいものに合わせて、一緒に歳を取っていける収納なんて、素敵!
muuto002
大きさの異なる3種類の枠を組み合わせて、机の下などのデッドスペースをお洒落に有効利用もできます。
まさに現代的な、デザインの賜物!
muuto003
楽天の他にも、Generate Designcainaで通販購入できます。

そして、自由にアレンジできる収納は、なにも四角でなくてもいい!
この「0 to 100 Storage System」ほど独創的な収納システム、今まであったでしょうか?
muuto004

楽天の他に、Generate Designでも取り扱いがあります。特にGenerate Designは、デザイン性の高い輸入インテリアやアートなどを取り扱っていて、見ているだけで楽しいです。


通販ショップ紹介
Generate Design
海外展開もしているため、セレクトが日本ではなかなかお目にかからないものばかり。インテリアの他に、アクセサリー、雑貨を扱います。
見ているだけで楽しいウェブショップ。

caina(カイナ)
「シンプルでミニマルなデザイン」が好きな方にお勧め。日本人のセンスにマッチする商品が多いです。インテリア、雑貨中心。

他にもおススメの通販ショップを、種類別にご紹介


あなたならどうする?子供部屋の収納、語りましょ^^コメントも歓迎★

今日の記事、気に入っていただけたらブログランキングに投票お願いします^^↓↓
海外インテリアミックススタイルインテリア
押すだけで票が入ります、ありがとう!上位ランキングの方のブログも楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">